NEWS
ドゥー・エンジニアリングからのNEWS

ドゥー・エンジニアリングからのお知らせを更新していきます

ドゥー・エンジニアリングでは、モータスポーツのひとつでもあるレース開催等の支援も行っています。
レースの規則情報や、店舗からのお知らせなど、新着情報をご紹介しておりますのでご確認ください。

  • モータースポーツ用のNews

    2024年ロードスターカップレース認定部品追加情報

    2024/04/09

    新規部品4点が認定され申請1か月後のレースから使用可能となっています。

    第1戦(4/14開催)以後使用可能
    ND-E-015 フロントバンパー ガレージベリー
    ND-E-016 フロントバンパー ガレージベリー
    ND-E-017 バンパー用ダクト ガレージベリー

    第2戦(5/25)以後使用可能
    ND-E-018 インテイクパイプ 村上モーター
    ND-E-019 ND用フロントガーニッシュ
    ND-E-020 ND用リアガーニッシュ 
     

  • モータースポーツ用のNews

    2024年 レース開催スケジュール情報(MAZDA)

    2024/02/01

    2024年マツダ車による参加対応のレース開催スケジュールを公開しました。

    富士ロードスターカップレースは、NAからNDまで全てのロードスターを対象とした排気量別ワンメイクレースで年間4戦のシリーズ戦として開催いたします。

    ND5RC/ND5RE及びNCEC車両は、パーティレース同様改造範囲の少ないチャレンジクラスと改造範囲を広げたオープンクラスが設定され、パーティレース車両はチェレンジクラスに参加可能な車両となっています。

    NDオープンクラス車両は、スーパー耐久レース参戦のロードスターに肉薄した運動性能を有し、ドライバーの運転スキルを発揮することができる格好のレースとなっています。

    年度末に開催されるGOODYEAR Dream Capには、NDパーティレース及びNDチャレンジクラスの車両が参加可能で、JAF公認のナンバー付き車両レースでは国内最長の6時間耐久レースとして本年度も開催されます。

    一部開催日変更の可能性がありますので最終日程は、各主催者又はサーキットにお問合せ下さい。

  • モータースポーツ用のNews

    マツダスポーツカークラブ2024年走行会速報

    2023/12/24

    富士スピードウェイで昨年に引き続き走行会を開催いたします。

    2024年2月24日(土)ショートサーキットの終日貸切による開催ですので思う存分スポーツ走行が可能です。
    通常は富士スピードウェイのレーシングコースを走行する場合サーキットライセンスが必要ですが、マツダスポーツカークラブによるコース専有のため運転免許証だけで参加が可能なサーキット走行会です。
    1セッションあたり15分の走行枠が午前2回・午後2回設定され、ラップタイムに応じた賞典の設定も検討されています。

    富士スピードウェイに来場経験のない方も、世界耐久選手権レースが毎年開催されている国際公認サーキットに是非訪れてみませんか!


    富士スピードウェイ入場料¥1,100(1名)が必要ですが、サーキット走行会ならではのチューニングパーツ特別販売実施とともに豚汁などのケータリングサービスも予定しておりますのでサーキット走行をしない方も歓迎いたします。

  • モータースポーツ用のNews

    GOODYER Dream Cup NDロードスター6台参戦

    2023/12/08

    GOODYEAR Dream Cup 2023にロードスターが参加対象車両となることが正式公開されわずか1か月ですが6台のNDロードスターがエントリーされました。

    ドライバーライセンスA級が必要なJAF公認6時間耐久レースで、12月16日総参加台数63台により争われます。

    ラップタイム制限も燃費制限もない本格的耐久レースですが、燃料補給のためのピット所要時間が7分以上と決められているので、燃費性能が良ければピット回数が少なく有利になるなどチームの作戦も上位入賞に重要なファクターになります。
    ロードスターは13~16番ピットに集結し、6時間耐久レースに挑みますので応援して下さい。

     

  • モータースポーツ用のNews

    GOODYEAR Dream Cup 2023 開催情報

    2023/10/10

    トヨタ車限定のナンバー付き競技車両による6時間耐久レースが富士スピードウエイで開催されていましたが、本年度からマツダNDロードスターの参加が可能となります。

    競技者ライセンスA級が必要なJAF公認レース。
    参加車両は、86/BRZ/ヤリス/ヴィッツ及びNDロードスター(チャレンジクラス、パーティレース同等規則)
    GOODYEARが冠スポンサーですが、ロードスターはBSタイヤ AE004が指定タイヤで12/16土曜日の1day開催です。

    大会特別規則を公開しました。
    (案)となっていますが参加のための諸規則は確定です。
    1チーム2~4名のドライバー編成による参加が可能で、
    レース時の燃料補給はロードスタークラス最大20リッター。
    走行ラップタイムの制限はありませんが、給油回数が少ない方が有利なことは言うまでもありませんので、燃費効率の良い走行にトライして頑張りましょう!

     

  • それ以外のNews

    RX-7パワステポンプOH作業受託開始

    2020/03/20

    RX-7純正シールキット類生産終了に伴いオイル漏れなどにお困りのRX-7オーナーにパワステポンプ単体OHを開始しましたのでご利用下さい。

    FD3Sはこちら

  • それ以外のNews

    SPARCO レーシングスーツ特別価格販売

    2020/03/14

    生産終了モデル(COMPETITION RS-4.1)が特別価格で販売されました。
    JAF公認レース参加者お勧めのFIA8856-2000適合仕様です。

    同時に走行会向け3点セットを期間限定特別価格でご提供いたします。
    短期間での開催ですのでお急ぎ下さい。

     

  • それ以外のNews

    Eco Car Cup レース NDロードスター・DJデミオ参戦!

    2020/02/12

    好天の富士スピードウェイでEco Car Cup 2020 Winter Festivalが参加台数60台で開催されました。

    DO-ENGINEERINGチームはロードスター(ND5RC)及びデミオディーゼル(DJ5FS)の2台で参戦し、ロードスターは富士チャンピンレースに参加している4名のドライバー新井・菊池・西山・常盤が好走し22台参加のガソリン車クラスで前回に続き連勝。
    燃費で優位のハイブリット車を相手に総合でも8位をゲットしました。NDロードスターならエコカーレースでも結構いい勝負出来ますよ!

    デミオはディーゼルクラス参加台数が少ないので総合上位入賞を目指し、富士レースの技術オフィシャルメンバーで参戦ました。
    同車種のライバルデミオチームは総合4位!
    我がチームは前回レースより安定したレップタイム及びタイムロスなど大幅に改善しただが総合19位と惨敗しましたが、たこ焼きやキムチ鍋などレース以外のも楽しめましたのでそれなりに満足です。

    過去には総合優勝のポテンシャルも秘めているデミオなので今回の敗因を分析し再挑戦しますが・・・以下たられば愚痴ってしまいます。

    ゴール後に燃費計チェック場まで渋滞が発生しモーターで移動できるハイブリッドがうらやましい!
    エンジンで検査場まで移動するしかないデミオは渋滞の中燃費表示がなんと0.3km/L悪化しました!
    燃料代が安いエコカウントが無理なら、ゴール後の自走ハンディ対策なんとかして欲しいけど難しいですよね(^^;)
     

  • それ以外のNews

    TMSC富士6時間耐久エコノミーラン2020

    2020/01/27

    DO-ENGINEERINGデモ車のデミオディーゼル(DJ5FS)が初開催の2016年から4年連続で今年も参加しました。

    過去には総合2位及び3位の結果を残しているので、今年は総合優勝を狙いドライバーも強化しての挑戦です!

    エコカーレースは普通運転免許証所有のみで参加が可能で、助手席のナビゲーターとともに2名乗車の人気レースとなっています。
    走行ラップは速く走る事に制限を設けいているのでサーキット走行未経験者でも安全に楽しむめるよう配慮されていますが、レース上位を目指してプロドライバーを加えたチームが例年好成績を修めています。
    今回のTMSC6時間耐久レースは3分10秒より速く走った周回は無カウントとなり、同乗するナビゲーターとのコミニュケションが重要なレースです。

    予選なしでレーススタートポジションは抽選で決定。
    自チームは34番クジで中間ポジションからのスタートになりましたが、規定ラップタイムを遵守し周回数減算も無く6時間後にはトップでチャッカーを受けました・・・・・が

    しかし、表彰式後に渡された結果  総合19位

    スタート前の満タンチェックで2L以上給油規定に違反し2周のペナルティ
    ゴール後の満タンチェックで規定量を0.44Lオーバーで2周ペナルティのはずがなんと4周のペナルティ

    通常レースは表彰式前にリザルトが公示されるのだが、このレースは毎回表彰式終了後にリザルトが配布され抗議するも後の祭り!
    ペナルティ集計後の最終結果を知らないままの表彰式スタートの結果発表も楽しみの一つだが、集計ミスは無いように切に願うのみです。

    ここからは楽しい たらればの愚痴!

    主催者集計ミスが無ければ 総合8位
    ゴール後の0.44L給油オーバー無ければ 総合2位
    スタート前の給油量違反が無ければ当然 総合優勝

    気持ちよく勝つためにはノーペナルティを目指し再挑戦ですね!

  • それ以外のNews

    DOショッピングページリニューアルの御案内

    2019/10/23

    DO-ENGINEERINGショッピングページでの商品検索を容易にするためのリニューアルを実施いたします。

    10月29日から新しいHPをご利用頂けますが、リニューアル作業に伴い前日のメール送受信が利用出来なくなります。

    お問合せの回答などが遅れるなど、ご迷惑をお掛けする場合がございますがご容赦のほどよろしくお願いいたします。

< 1 2 3 4 56 7 8 9 10 >

ドゥー・エンジニアリングは、お車のカスタマイズができるカスタムショップです。
マツダから独立した会社のため、マツダ車におけるカスタムは特におすすめです。
また、モータースポーツへの参戦も積極的に支援しています。
ドゥー・エンジニアリングが運営するレースには、当社が手掛けたカスタムカーを使用し、ライセンスの取得とドライバーズアイテムをそろえていただくことで、ご参加いただけます。
また、オリジナルブランドのパーツ販売だけでなく、お車への施工までを当社で担うことも可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。