NDロードスター LSD組み込み

2021/03/13

前回の続きとなりますが、デフを分解、組み込みしていきます。

サイドベアリングをLSDを万力にて固定し、マツダ純正SST プーラーを使って取り外します。

分解、洗浄していくのですが、アジャストシム、サイドベアリング、アウターレース、スペーサーは、左右が混同しないように札をつけて分けておきます。

整備書では、ディファレンシャルキャリアを万力(バイス)に挟んで組んでいく...となっているのですが、アルミ製のケースなので簡単にキズがついたり、動いてしまったりと、作業してみて あまり適切な方法ではないとおもいました。

 

当社ではマツダ純正SST 専用のデフスタンドにしっかりと固定して作業していくので、安全に正確に組み込むことができます。

 

もしかしたら このデフを固定する純正SSTが現在 生産不可?かもしれないので 整備書には万力に固定すると指示しているのかもしれませんね。

ドライブピニオンを固定して、リングギヤを動かした時のバックラッシュを測定します。

その際、ベアリンングキャップが単体で存在しないため サイドベアリング部をSSTで押さえつけて測定しないと、正確な数値がでません。

バックラッシュの値が標準値にない場合は、アジャストシムを交換して測定し直します。

バックラッシュが決まれば、カバーをつけて終わり なんですが、すんなりいきません。

ベアリングキャップがデフカバーと一体の為、サイドベアリングの両端を、SSTを用いてプレスで加圧します。

これは、LSDの幅寸法を落ち着かせてあげる という理由です。

この工程を踏まないと、ほぼ間違いなくアルミ製デフカバーが破損してしまいます。

プレスで加圧する際、2トン近い圧力をかけるので、手で押し込むのは無謀です。

 

あとは液状ガスケットを塗布し、規定トルクで各ボルトを締めていけば終了です。